留学生の方へfor International Students

留学生の方へ

オープンキャンパス 資料請求 全国各地学校説明会
オープンキャンパス 資料請求 全国各地学校説明会

OB・OGメッセージ

技術&人間力で未来が広がる

トヨタ名古屋自動車大学校で学ぶことは、クルマの「技術」だけではありません。最先端技術を習得することを通して「学ぶ技術」も身につけます。様々なカリキュラムを通して得られる「人間力」とこの「技術」は、社会に出てから活きるもの。だから、可能性は無限大。あなたの未来が広がります。

失敗は許されない。
お客様の命を守る仕事に誇りをもって

S.Sさん(愛知県出身)
レクサス高岳 テクニカルスタッフ
(名古屋トヨペット株式会社)

中学の頃からクルマが好きで、整備士になりたいと思いトヨタ名古屋自動車大学校に入学しました。トヨタ名古屋自動車大学校は教材が豊富で、2人に1台の車両を使った実習環境は抜群。また、就職に関してもサポートが充実しており、会社見学や企業説明会に参加するなどじっくり会社選びができました。入社後は3店舗でエンジニアを経験したのち、現在のレクサス高岳へテクニカルスタッフとして配属されました。クルマの不具合で来店されたお客様の待ち時間ができるだけ短くなるように、正確かつ短い時間で作業できるよう常に心がけています。そのためには学生時代にしっかりと基本を身につけておくことが大切です。実習でブレーキを誤って組み付けると効き方がどのくらい違うのかを実際に計測し、少しの間違いがブレーキの性能を大きく損なうことを目の当たりにしたことで、「失敗は許されない。お客様の命を守る仕事なんだ」と自覚したことを覚えています。社会に出る前の学生時代に多くのことを経験して技術を磨くことが大事だということを、トヨタ名古屋自動車大学校で学びました。


学校で学んだことはずっと活きている。
それは、社会に出てからも必要なことだから。それは、社会に出てからも必要なことだから。

T.Mさん(富山県出身)
ネッツトヨタ富山株式会社 取締役 サービス部 部長

クルマの技術は日々進化をしていますので、会社に入ってからも「常に学び、新たなものを吸収」していくことが求められるのですが、学校で教わった「自ら学ぶ」という技術や習慣は、本当に役に立っていると実感しています。そのほかにも学校で身につけた「規律を守る」ということや、「整理・整頓・清掃・清潔」を実践することは、仕事をしていくうえでも、とても大切なことだと改めて実感しています。企業は「ひと」で成り立っています。社会に出てからも通用する力を持った、トヨタ名古屋自動車大学校の皆さんに期待しています。


学生時代の学びが仕事に直結しています。

A.Kさん(岐阜県出身)
株式会社シイエム・シイ

テクニカルライターとして新型車の取扱説明書を作成しています。開発資料や設計図面といった専門用語で作られた資料を理解して、一般のお客様にとってわかりやすい説明書にするのが仕事です。専門用語をわかりやすく解説することは難しいのですが、高度自動車科で学んだ知識があるので戸惑うこともありませんでした。この仕事の一番の楽しみは、発売前の新型車をいち早く見られること。最近は特に車の技術革新が進んでいますが、高度自動車科で身につけた学び方を活かして対応しています。


進化したクルマの最新整備ツールを開発。
仲間との作業も学校で経験したからデキる。仲間との作業も
学校で経験したからデキる。

K.Tさん(山口県出身)
トヨタ自動車株式会社

新しいクルマの整備に必要となる、最新型の整備機器や特殊工具(SST)の開発を担当しています。トヨタ名古屋自動車大学校を卒業しているので、機器や工具がどのように使われるのかスムーズに理解でき、学校で学んだことが実際の仕事にとても役立っています。先生方はもちろん、設備や施設など、環境の整った学校で徹底的に学び、基礎がしっかりと身についているからこそ、できる仕事です。チームを組んで行う仕事も多く、学生時代にトヨタ販売会社でインターンシップを経験したことも、大きな自信につながっています。

お客様応対ができ、
クルマのことも分かる。
自信をもって 社会人生活をスタート。

M.Kさん(三重県出身)
三重トヨペット株式会社

入社してすぐに新人研修があったのですが、お客様応対の内容は学校で教わったことが多く、社会人のスタートを余裕を持って切ることができました。接遇のマナーや電話応対も授業で実習していたので、勤務の初日も戸惑うことなくお客様と接することができ、自信につながりました。車の専門知識も分かるので、お客様にメカニックな部分をお話しするときや整備スタッフとの会話もスムーズです。先日はお客様へお茶をお出ししたときにお盆の持ち方をほめられるなど、学校での学びのすべてが、いま役立っていると実感しています。

ページトップへ戻るボタン