留学生の方へfor International Students

留学生の方へ

オープンキャンパス 資料請求 全国各地学校説明会
オープンキャンパス 資料請求 全国各地学校説明会

自動車エンジニアコースの先輩メッセージ

自動車整備科
R.Oさん(愛知県出身)

就職後に活かせるプラスαの学び!

資格取得だけでなく、トヨタ直営校ならではの最新の技術と知識を身につけることができると感じ、入学を決めました。トヨタ名古屋校では、整備士として活躍している先輩方の整備デモを間近で見て話を聴くことができたり、社会人としてのマナーや言葉遣いも学べるなど、整備技術以外にも就職後に役立つことをたくさん学ぶことができ、どの授業でも先生方は学生一人ひとりと真剣に向き合い分かるまで教えてくれます。学んだことを活かし素早く正確に作業ができたときや、勉強の成果を友人や先生方に認めてもらえたときには、学ぶ楽しさややりがいを感じます。また、学園祭の整備コンクールでは、作業の安全性や正確性、効率などについて友人と意見を出し合い、自分たちで考えて取り組むことで、コミュニケーション能力や意見をはっきりと伝える積極性が身につきました。2年間で知識と技術をしっかりと学び、一緒に働く仲間やお客様から頼られ、人を笑顔にできる整備士になりたいです。


自動車整備科
R.Fさん(広島県出身)

考えるより先に身体が動く、体感型授業

充実した施設環境と就職実績が入学の決め手になりました。他校も見学しましたが、これほど環境が整っている学校はなく、実習車が2人に1台あるということは、学生一人ひとりがより多くの作業を経験でき、技術の向上につながります。また、トヨタ販売会社やトヨタ関連企業など、全国に幅広く就職先があることも、早く社会に出たいと考えていた私には魅力的でした。普通科出身であるうえに親元を離れた学校生活は、入学当初こそ不安でしたが、クラスの仲間や先生方のおかげですぐに慣れ、いまは学校が楽しくて仕方がありません。エンジンや電装部品を分解し、点検や確認後に再度組み付け、正確に作動したときは、とても嬉しいです。男性との力の差も、女性の繊細な気遣いや手先の器用さでカバーできますし、実際のクルマに触れ、体感して学ぶことで、いまでは頭で考えるよりも先に身体が動き出します。知識と技術がそれほどしっかり身につくので、就職後も安心だと思います!


自動車整備科
N.Dさん(山口県出身)

なりたい自分になれる環境がある!

自動車整備だけでなく、クルマの総合エンジニアになりたいと思い板金塗装の設備と学科が整ったトヨタ名古屋校を選びました。現在は自動車整備科1年生として整備の基本を学んでいますが、先生方は質問に対し何でも答えてくれるので、自分自身の努力次第で様々な知識や技術を学ぶことができ、充実した学生生活を送っています。また、教材車が多く必ず教材に触れることができ、技術を確実に身につけられることも魅力的です。更に実技試験などで、故障箇所を見つけられた時や、本や雑誌などで勉強した箇所を見たときには、高校生の自分と比較し、まだ半年だけど成長した自分がいると感じることがあり、更に学ぶ意欲が湧いてきます。
私の将来は、ハイブリッド車のような最新技術の整備だけでなく、旧型車のキャブレータの整備もでき更には、板金塗装もできる整備士になりたいと思っていますので、自動車整備科卒業後は車体整備専攻科への進学を考えています。


自動車整備科
N.Tさん(福岡県出身)

全国各地から集まる仲間と共に学び
『カッコイイ整備士』に!

私は、高校普通科を卒業しているのでクルマの知識もなく授業についていけるか不安でしたが、クルマの基本構造から学ぶカリキュラムなので普通科の私でも十分理解できる内容です。先生方は分かりやすく工夫しながら授業を進めてくれると同時に、オリジナルのカットモデル教材なども使いながら教えてくれます。また、トヨタ販売店からはプロの整備士の授業も受けることができ、大変満足しています。最初は不安ばかりだった私ですが、しっかり学べていると実感することができた為、高度自動車科への進学を決まました。
勉強だけでなく、私生活においても楽しみは沢山あります。放課後などは全国各地から集まった仲間とクルマ談義や地元話をしながら学園生活を楽しんでいます。将来は、『クルマの事なら何でも聞いてくれ!』と胸を張って言える『カッコイイ整備士』になることが目標です。

高度自動車科
R.Tさん(愛知県出身)

幅広く活躍できる知識豊富な整備士へ

オープンキャンパスで設備や授業内容がいちばん充実していると感じ、自動車整備科へ入学。その後、故障探求やハイブリッドカーについてさらに深く学びたいと思い、高度自動車科へ編入しました。技術革新が進むクルマの整備に必要な高度な知識と技術を学べ、国家1級自動車整備士資格が最短の4年で取得できることは、将来優秀な整備士として活躍するために魅力的だと感じました。また、材料力学や英語、心理学など、整備以外の授業も充実しており幅広く活躍できる人材に成長できると思います。授業はもちろん、海外研修や学園祭など様々なことにチャレンジすることができ、同じ志を持った友人と日々成長できていることにやりがいと喜びを感じます。将来はどんなことでも確実に対応でき、お客様の安心・安全なカーライフを支えられる整備士になりたいです。


高度自動車科
K.Hさん(徳島県出身)

充実の環境で仲間と最高峰をめざす

高校の時、トヨタ名古屋校を卒業し整備士として活躍している知り合いの働く姿を見て憧れを持ちました。そして、どこよりも学ぶ環境が整っているこの学校に入学を決めました。クルマ好きで親しみやすい先生方のもとで、全国から集まった仲間たちと高度な技術を身につけることにやりがいを感じています。2人に1台の実習車を使用でき、多くの時間実際にクルマに触れて学べるので理解も早く、技術も上達します。プライベートでは、自分のクルマの修理や点検もできるようになり、クルマに触れる楽しみが増えました。また、同級生や先輩、後輩と楽しいことを共有し、辛いことは協力し合って乗り越えることで、つながりの深い仲間が増えとても充実した寮生活を送っています。将来は、お客様が気軽に相談でき、お客様を笑顔にできる整備士になりたいです。


高度自動車科
K.Aさん(京都府出身)

より深くクルマを学ぶため
高度自動車科へ進学を決意。

オープンキャンパスで他校と比べるなかで、一番の違いは教材や施設の充実ぶりでした。また、一番大切な就職についてもトヨタ名古屋校は全面的にバックアップしてくれる体制が整っていると感じトヨタ名古屋校を選びました。私は、自動車整備科へ入学しましたが、学生生活を続けるうちにもっとクルマを深く学びたいと思うと同時に、学生フォーミュラー活動のような他では経験できない内容を学ぶことができる高度自動車科への編入を決めました。実際編入してみて感じることは、自動車整備科で学んだクルマの故障診断知識を活かしながら、より高度な故障診断を経験することができ、私が理想としていた環境で学ぶことができています。またお客様からのご用命事項に多い、振動騒音などの知識も身につけられるので、幅広くクルマを学ぶことができています。私は、クルマの開発の仕事に興味があるので、トヨタ名古屋校で学んだ知識を活かし、もっといい車作りに貢献したいと考えています。


高度自動車科
K.Iさん(愛知県出身)

トップレベルの教員から学ぶ
トヨタの最先端技術が魅力。

私が進路選択で最も大切に考えたことは、最先端の技術を学べるかということです。トヨタ名古屋校は、日本一の規模を誇るトヨタの整備学校であり、私が理想とする学校でした。さらに、トヨタ名古屋校の先生方は国内最高ランクの資格である、国家1級自動車整備士資格を保有している先生が数多くいるので、安心して確かな技術を学べると感じトヨタ名古屋校に入学しました。現在は、クルマの一様ではないトラブルを授業として経験し、知識を蓄えているところです。この授業では、トヨタ自動車の研修でも使われるようなレベルの知識を身につけられるので、就職後には、即戦力として活躍できると感じています。トヨタ名古屋校で学んだ知識と技術を活かし、将来はトップクラスの整備士になりお客様のカーライフをサポートしていくことが夢です。

車体整備専攻科
K.Aさん(静岡県出身)

繊細な工程だから、達成感がある!

オープンキャンパスで車体整備専攻科のことを知り、板金・塗装が学べることを知りました。先輩方がレストアしたクルマを見たときに「1年間でここまでできるようになるのか」と感心し、まずは自動車整備科で学び、その後、車体整備専攻科へ進学しました。トヨタ名古屋校はどの学校よりも設備が整っているので板金・塗装をしっかりと学ぶことができ、先生方もとても親切で、学生たちが理解できるまで丁寧に教えてくださいます。また、同じ目標を持つ学生同士も分からないことがあればお互いに助けあうなど、友人が大勢いることも魅力のひとつです。車体の修復作業はとても繊細なうえに板金ではやり直しができる工程も多いので、納得のいくまで作業に取り組むことができ、完成したときには達成感を感じます。卒業後は単に整備をするだけではなく、お客様の声を大切にし、お客様が納得し安心してクルマに乗っていただけるよう分かりやすい説明ができる整備士になりたいです。


車体整備専攻科
T.Iさん(熊本県出身)

クルマの総合エンジニアとして
仕事に責任と誇りを!

私は、設備が整った学校でしっかり学びたいと思い、トヨタ名古屋自動車大学校を選びました。自動車整備科で2年間学び、国家2級整備資格を取得し将来はクルマを総合的に整備できるよう車体整備専攻科への進学を決めました。専攻科では板金塗装の基礎を学びながら、古い車のレストアを卒業研究の一環で取り組んでいます。レストアでは、古い車の特有な整備を学ぶことができ、大変有意義な時間を過ごしています。また、授業ではトヨタ販売店で長く板金の仕事に携わってきたプロの整備士の方から現場の生の声と技術を学ぶことができ、毎日ワクワクしながら授業を受けています。私はさらに深く板金塗装やFRP形成などクルマのカスタマイズにも興味があるので、車体整備研究科への進学を決めました。

ページトップへ戻るボタン